上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風もみじ     風にそよぐ紅葉を目指して    

裏庭に植えてから六年ほど経った紅葉の木があります.
それが余りにも大きくなり鬱蒼としてきて庭を覆いつくすような圧迫感がありました.

昨年の一月,何も分からずに樹形を小さくすれば良いのだろうと言うことで適当に長い枝を切り落としました.

父が健康であれば少しはましなアドバイスを受けられたのかもしれません.

今にして思えば切る位置も切り方もあったものではない寸胴切りです.
切り口からぽたぽたと樹液が大量に流れ出たのにはビックリしました.
何かとんでもないことをしてしまったのではないか,
枯れてしまうのではないかとビクビクものでした.

母の
「何事も経験だから剪定してみたら?
そのうちコツもわかってくるよ.
うちの木はみんな雑木で高級な庭木じゃないんだし,
それに,おかしくなっても木はまた生えてくるんだから.
失敗して変になってもそれを仕立て直せば,それはそれで味が出てくるんだよ.」
(母は裁縫の名人です仕立て直しのセンスも凄いです.)
とのイケイケ言葉に安易に乗ってしまったのが運の尽きでした.

そのときの画像は残念ながら撮ってありませんでした.

PAP_0327.jpg

■剪定してその年の九月下旬 
枯れなくてホッとしました.
が,切った枝の先に徒長枝や小枝が密生しまるで玉造り風に仕立てたようです.
硬直したような不細工な木になってしまいました.
まるでチアリーダーがポンポンを打ち振っているようです.
風にサラサラとそよぐ風情とは大違いです.
どうしたらいいのか分からず初めて園芸書を買って読みあさりました.

PAP_0326.jpg

■恐る恐るの剪定
本を読んでも余り詳細が分からず付け焼刃です.
自然な感じに剪定するのには透かしという方法で剪定をするといいようです(ー"ー;)ウゥ…ム
適当に透かしてみました.
この時期にこんなに透かしていいものなのでしょうか?
わかりません┐(´~`)┌

不思議なことに切り口からの樹液の量は冬に切った時よりとても少なかったです.
瑞々しい葉っぱが沢山ついているのでさぞかし樹液の量もハンパじゃないんだろうと思っていたのですが?

桂と紅葉剪定後

■年が明けて今年の新年 一月中旬
葉が落ちているので枝振りがよく見えて剪定の稚拙さが分かってしまいます.
寸胴切りにしたところが凄く不自然な形です.

左奥の桂の木はこぶつきで余りにも不恰好でしたので主枝の更新を図って枝を切ったのですが大丈夫でしょうか?
生兵法は怪我の元と言いますが.

TS3E0750.jpg

■今年の六月下旬です.
一冬越しましたがその間時間が取れず剪定はしませんでした.
した方がよかったのかな?
なんとなくポンポン状態は緩和されつつあるようです.
でも風にそよぐような柔らかさは感じられません.

TS3E0644.jpg

■今年の五月中旬です.横から見ると
初めての投稿に使った写真です.
まだ硬直したような状態は否めません.
この後はどうしたらいいのか?
去年と同じようにもう少ししたら徒長枝を間引いて透かそうかなとも思っているのですが?
はたまた何もせず放任して自然に任せた方がいいのか?
わかりませ~ん┐(´~`)┌
でも,風にサラサラとそよぐ紅葉目指して頑張るぞ!!

風もみじ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。